消費税増税などにより、自動車産業も大打撃です。

Posted by admin - 4月 29th, 2014

消費税の増税と自動車税の増税により、軽自動車の販売にも大きな影響を与えそうです。この度、ダイハツの執行役員が軽自動車全体で、今後20万台程度は減少するとの見込みを発表しました。

維持費が安い事もあり、軽自動車の需要は高まっていましたが、今回の件で腰折れになるかもしれません。自動車の販売台数が落ちると、多くの業界に影響が出てきます。カーナビなどの電装関係やタイヤ販売会社なども影響は避けられないでしょう。消費税増税で自動車業界が冷え込まないと良いなと心配しています。

こうした他業界への影響も考えられるので、何らかの対策を取るべきだと思います。購入者に対する減税や補助金などをするなどの対策を取らないと、業績の悪化し、ひいては景気の悪化にもつながりかねません。

アベノミクスを消費税増税によって止めないためにも、こうした対策を取る事は重要だと思います。一部の業種ばかりが優遇されるのは、納得いかないかもしれませんが、自動車産業は、日本の産業になくてはならないものです。継続的に支援していく必要があると思います。

Comments are closed.

Blog Home