本田選手のACミラン移籍決定とザッケローニ監督

Posted by admin - 12月 13th, 2013

img_20131213174107 セリエAのACミランへと移籍が決定した日本代表の本田圭佑選手に対して、その監督であるザッケローニ監督が激励の言葉を述べました。

 私は、本田選手がついにACミランで、なおかつ背番号10を背負うのかと思うと、とても感慨深い気持ちで一杯です。

 本田選手は日本代表の中心選手に間違いなく、その選手が名門ACミランでも中核を担う選手になることを考えたら、本田選手は本当にすごい選手だなあと、ただただ賛辞を送る以外にありません。

 ただ、ザッケローニ監督の言葉にはとても重みがあるように感じました。確かに、ビッググラブに移籍することがゴールではなく、そこで結果を残してこそ始めて周りから認めてもらえるからです。

 そこは、さすがにファンではなくて、日本代表を指揮する指揮官らしい言葉だと私は思いました。

 ですが、そこにはザッケローニ監督も本田選手に期待しているという期待の表れでもあると私は思っています。それと同じように、本田選手はきっと活躍できると私も思っています。

ポールウォーカーの死への哀悼と自戒。

Posted by admin - 12月 2nd, 2013

「ワイルドスピード」は1作目からとても面白く、大変と興奮して鑑賞した映画でした。

特にポールウォーカーのハンサムぶり、若さと、映画の中で描かれた友情が、多少不条理な場面があっても、ハリウッド映画としての広さと可能性を感じる事が出来た、良い映画でした。
「ワイルドスピード」に主演しているポールウォーカーが、死亡したとニュースになりました。
大変と驚きましたし、また車での事故死である事に、映画の役柄と投影させて、悲劇の印象が一段と強くなりました。

この悲報を受けて、吹き替えをした声優の尾崎さんが、哀悼の意を述べました。
40歳という若いハリウッドスターの人の死は、本当に世界中に衝撃を与えます。
哀悼の意を述べた声優も衝撃を受け、また、ポールウォーカーの吹き替えを担当した縁もあり、「本当に寂しい」とコメントを残しました。

ポールウォーカーの死は、私も寂しいですし、もう映画で彼のシャープな演技を見る事が出来ないのは本当に残念です。
哀悼の気持ちを持つと共に、ポールウォーカーの死は、車を運転する者は事故を起こさない様に気をつけて運転するべきと、自戒へとつながる悲報でした。