トップの方、しっかり考えてください。これって詐欺罪ではないですか?

Posted by admin - 11月 6th, 2013

 つい先日、阪急阪神ホテルズが運営するレストランなどにおいて、提供した食材がメニュー表示と異なった材料が使われていたというニュースがあり、それから約2週間後、またしても同様な虚偽表示のニュース報道について率直に思ったことを書きたいと思います。

 今回の虚偽表示はホテルではなく、高島屋やJ・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店、小田急百貨店など大手百貨店各社が絡んでいるというものでした。

 阪急阪神ホテルズ虚偽表示問題については、高級ホテルがそんなことをするのかという驚きもありましたし、あるテレビアナウンサーも言っていましたが「これでは他のホテルでもやっているのかもしれないなぁ」という気持ちでニュースを見ていました。しかし今回のように大手百貨店もとなると、呆れてものが言えません。

 これは各社独自の行為ではなく、食材に関する業者全てにおいて普通に行われているのではないかとも思ってしまいます。
お客様に対して本物を誠実に提供するのではなく、嘘偽りの食材提供をいかに誠しなやかに演出して提供できるか、そこに力を入れているとしか思えません。

 これって、いわゆる「詐欺罪」ではないですか?
トップの方々は口を揃えて「誤表示であり、偽装ではない」と言いますが、こういう言い方も詐欺でよく使われる手口じゃありませんか?「誤表示」にならないよう管理するのが管理者、トップの仕事ではありませんか?御託を並べるよりむしろ、ここでは潔く「申し訳ありませんでした」と罪を認めたほうがまだマシです。

 これらの問題で大手ホテル、百貨店の価値がグンと下がっても仕方がありません。これからクリスマスやお正月にむけて高級食材の売り時でありますが、ガクッと収益は下がること間違いなしでしょうね。しかし、ここは気の良いお人好しさんが多い日本人。自分だけはそんな偽装品に騙されないわという方々が購入するのかもしれませんね。

缶詰でも食中毒は起こります

Posted by admin - 10月 28th, 2013

大手の食品メーカーのツナ缶からアレルギーのような症状の出ることもある化学物質ヒスタミンが検出され、約6万缶を自主回収するというニュース。
先日も他のメーカーでこのようなことがあったと思います。

缶詰は加圧加熱殺菌をした食品なので何年も常温で持ちますし、もちろん安全だという認識をしている人が多いと思います。

確かに食中毒を起こす菌もそうでない菌も加圧加熱殺菌で死滅します。

ところがこのヒスタミンは菌が作るものなのですが、殺菌して菌は死滅してもヒスタミンはなくならないのです。
これまでに命を落とすような被害が出たことはないようですが、症状が出たら大変なことには間違いありません。

食品製造に関わっていたのでわかりますが、このようなことは製造の課程で原材料の管理がきちんとされていなかったからだと考えられます。
この製品はタイの協力工場で生産されたものだとか。
日本より気温の高いと思われるタイの工場での衛生管理がどうなっていたか、気になるところです。

私たち消費者はこのような加工食品を選ぶ時にメーカーを信用するしかありません。
安全だと信じて買うのです。
そのような信頼を裏切らないようにしていただきたいものです。

田中選手のメジャー行きについて

Posted by admin - 10月 20th, 2013

記事では、田中選手に対してメジャーリーグの球団から獲得をする意思があるとのことです。今年の田中選手は、連勝の記録も作っているのできっと来期はメジャーリーグにいくことがあっても同じように活躍することができると期待されます。

優秀な日本人選手は近年では次々に海外に移籍するようになってきています。これは野球だけに限らずに他のスポーツでも同様になっています。国内のプロスポーツももっと盛り上がってもらいたいと思います。日本シリーズはこれからですが、メジャーリーグに負けないように盛り上がっていけばよいのではないかと思います。

近年ではテレビでの中継も少なくなっており以前では考えられないことになっていますが、テレビの視聴者も若い年代では減少しているので、仕方のないことであるといえます。
メジャーリーグなどをはじめとして、今後もアメリカ等の海外で活躍をすることを考えるスポーツ選手などは多くなっていくことが予想されます。

綺麗ごとをやめて本音で話し合って欲しい

Posted by admin - 10月 8th, 2013

福島第一原発事故の影響で放射性物質を含む焼却灰の処分方法については、様々な論議がされているが、一向に解決のめどが立たず、「いったいどうなるのよ?」という不安、不満の声が後を絶ちません。

桜田副大臣の言った、「人が住めない福島に置けば」という提案ですが、私は、この一言だけだと、何故問題発言なのかが分かりません。全国にばらばらに保管するようになれば、「いったい日本は何処が安全なの?」と、国民も不安になるし、世界からの日本の安全性に対する評価が下がるのは、国として大きな不利益をこうむるのではないでしょうか。

前後の文脈がない状況でこの言葉に含まれる意味合いを考えるとしたら、「どうせもう住めない地域があるのだから、そこに保管すればよいのでは?」ということなのではないでしょうか。

福島の人々も、もう待たされすぎて疲れきっているのではないでしょうか。住めないなら住めないと、国民を危険な場所に住まわせることが出来ない政府の立場を明らかにして、その分の手厚い保証を行うべきところまできているのでは?と感じるのです。

いつまでもだらだらと綺麗ごとを並べ立てられても、迷惑。非難者だって暮らしていかなくてはならない現実があるのです。

すごい警備員

Posted by admin - 8月 15th, 2013

私がよく利用する銀行は、警備員の感じがとても良い。
「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」が、
客に安心感を与えるソフトで落ち着いた声で、
ちょっとしたラグジュアリー感を感じさせてくれるのだ。
少額の取引しかしない私でも、優雅な気分にさせてくれる。
銀行にいくのが、ちょっと楽しい。

コンビニのATM

Posted by admin - 7月 13th, 2013

以前は銀行でしかお金がおろせなかった。
だから週末に不便を感じることもしばしばだった。
しかし、コンビニに銀行のATMが設置されるようになった今、
ほぼ毎日コンビニのお世話になっている身としては、
いつでもどこでも24時間使えるこのATMは大変ありがたい。

お金の大切さ

Posted by admin - 6月 17th, 2013

若い頃にお金の大切さを知っていたらよかった、と最近よく思う。
ママ友達の中でも、羽振りがいいのは銀行マンのご主人をもつ人。
何をするにもお財布を気にすることなく、自分と子供にお金をかけている。
人それぞれと思うけど、やっぱり余裕があるのは羨ましい……。

海外での運転

Posted by admin - 5月 18th, 2013

インド旅行をした時、宿泊所の人が、案内するのに乗せてくれた車は、メーターが壊れてた…。
運転テクニックは見事なものだったけれど、本当に運転免許を持っているのかは、ちょっと謎だった。
まぁ、どこまでも車と全くすれ違わないような荒野の運転なら、そんなでも良いのかも。

カードローンは計画的に

Posted by admin - 5月 15th, 2013

飲食関係の商売をしています。
入ってくるお金も、出ていくお金も多く、現金が足りなくなることもしばしば・・・。
その月によって収入の浮き沈みの激しい店です。
月末の支払いにお金が足りなくなると、時々カードローン審査と検索して、カードローンを利用します。支払いが滞るのは絶対に避けなくては、店の信用が失われます。
どうしても何とかしなくてはいけません。

気分が重くなり、頭痛がして、胸が締め付けられる感じがします。
悩んでも悩んでも、無いものは仕方ありません。
カードローンの助けを借りるしかないのです。

カードローンの申込は簡単でした。
インターネットから申し込みし、審査結果がメールで届きます。
通過していたら、本人確認書類をFAXかEメールで送り契約完了となります。
審査待ちの間がドキドキしました・・・。
契約が完了すると、カードが送られてきましたが、急ぎの場合はすぐに必要なことを申し出れば、銀行口座に振込してくれるところも多いそうです。

何も聞かずにお金を貸し出してくれる一枚のカード、使いはじめると本当に便利で助かります。
コンビニATMや、提携の銀行など多くの店舗で取り扱いがあります。
周りの人にもお金を借りていることを悟られず、さらっと使えるところが良く、近年カードローンを使う方が急増していることも納得です。
また、私のように切迫した状態で危機を救われた時は、何とも言えない安堵感を味わさせてくれます。
まさに、『助かった~』と感じるのはこういう時のことを言うのでしょう。

また、ローンを返済し終わった時の爽快感もたまりません。
もう二度と使わずに済みますように・・・と毎回思うのですが、一度作っておけば何度でも使えるカードです。
もしもの時のお守り代わりにと保管し、何度お世話になったことでしょう。

カードローンは借金ですので、むやみに使わないほうがいいのはわかっているのですが、どうしてもの時には、知人や友達に甘えて借金するよりずっといいと思います。
追い詰められて返済に励んだ方が頑張れる気がします。
安定した収入を切実に願えるようになり、商売のアイディアも浮かぶことがありました。自分の為にはある程度のプレッシャーもいいと思うのです。

だから、自己責任で返済できる可能性のある金額なら借りても良いと決めています。
しかし、カード会社の限度額は自分への社会的評価、他人から受けるシビアな評価なのだと受け止めて、限度額の設定の意味を理解し、計画的に資金調達されることをお勧めします。

人事異動

Posted by admin - 12月 31st, 2012

今日、来年1月1日付の人事異動の内示がありました。

今の部署には7年もいたので、いつ異動になってもおかしくなかったのですが、
今度はまさかの人事部。
うーん、初の管理部門は緊張します。

うまく仕事していけるのかなぁ。頑張るしかないですね。
人事部ということで、仲の良かった同僚たちから距離を置かれないかちょっと不安な思いもありますが。

とりあえずやるしかありません。
と、ボーナスが振り込まれた銀行通帳を見ながら思う私でした。

« Previous Entries   Next Entries »